我々は矢吹丈やラオウ的死ではなく、アカギ的死を目指すべきである

「鷲巣麻雀編」最後に語られたアカギの死生観

ここ2年近くブログを更新していませんでしたが、久々に更新します。このブログでも何度か取り上げた福本伸行の麻雀漫画『アカギ』の件です。

『アカギ』では1998年1月以来、「鷲巣麻雀編」が長きに渡って連載され続けてきましたが、先日発売された4月1日の『近代麻雀』にて、ついに「鷲巣麻雀編」が完結しました。

話の内容については既に他ブログで詳しく取り上げられていますが、(近代麻雀漫画生活デバサイ参照)、要約すると、こんな内容です。

  • 鷲巣が対局中に(恐らく)死に、鷲巣麻雀はアカギの勝利で終結。しかし、点棒では鷲巣がアカギを上回ったままであり、アカギとしては「試合に勝ったが勝負に負けた」ような結果。
  • アカギは鷲巣の死に対し、「博打の絶頂」で死ぬのは「羨ましい死に方」であり、鷲巣が「何者かに愛されている」証拠であると思う。
  • アカギは、まだ来ぬ(後に『天』で描かれる)自分の死に対し、「オレは凡庸に死ぬ」「(オレは)鷲巣程(何者かに)愛されていない」、だがそれでも「オレらしく死ぬ」と思う。
  • 仰木と黒服の車に乗せられ、アカギは鷲巣邸を後にする。

『天』の「通夜編」を読んだことのある方はお気づきでしょうが、「オレは凡庸に死ぬ」というアカギの発言は、「通夜編」で描かれたアカギの死を予言しています。「通夜編」のアカギは、アルツハイマー病のために麻雀のルールも忘れており、マーシトロンによって自殺するという「博打の絶頂」とはほど遠い死に方をしました。

我々は矢吹丈やラオウ的死ではなく、アカギ的死を目指すべきである

このブログでは昔、『あしたのジョー』の矢吹丈とアカギを比較して考察したことがあります(矢吹丈と赤木しげる)。少し長いですが、その文章を引用します。

ジョーが自分の人生を総括してどう思っていたのかは、「あしたのジョー」にははっきり描かれていません。ただ、最後の「まっ白に燃えつきた」安らかな笑顔を見る限り、「自分の人生に悔いはない。満足している」といっているように私には思えます。(中略)

別の漫画ですが、武論尊『北斗の拳』のラオウも、「我が生涯に一片の悔い無し」と叫んで死にました。(中略)

こういう死に方(ジョーは死んだかどうか不明ですが)はかっこいいのですが、あまりリアリティを感じることができません。というのも、人生というものが自分の思い通りに行かない以上、「一片の悔い無し」と思える人生などまず存在しないと考えられるからです。ですから、こういう最期をかっこいいと思いつつ、「創作物だけの話だよね」と醒めた目線で見てしまうのです。

一方、赤木は「一片の悔い無し」ではありませんでした。ふだんの赤木からは想像もつかないことですが、「通夜編」の終盤で死に際したとき、彼は「無念だ」「くたばるのは無念」と涙を流すのです。(中略)

赤木の死の魅力は、こうしたリアリティにあると思います。彼は安易に「我が生涯に一片の悔い無し」などと口にしなかった。自己本位に生きた彼ですら思い通りにならないことがあったが、その「無念」をも含めて人生を愛していたことが我々の心を打つのでしょう。

この文章に基づいていえば、「博打の絶頂」で死ぬという鷲巣の死に方は、矢吹丈やラオウ的な死に方です。自分の人生の絶頂の中で死ぬことができれば、まさに「まっ白に燃え尽きた」「我が生涯に一片の悔いなし」といえるでしょう。

一方で、鷲巣ほどに強く「愛され」ていないアカギは、「博打の絶頂」で死ぬことは許されない。アカギの言葉でいえば、「凡庸に死ぬ」ということです。

しかし、「何者かに愛され」 ていないことも含めて自分であり、それを否定してはいけない。自分を受け入れ、「オレらしく死ぬ」ということが、「凡庸」であっても最良の死に方である。アカギはそういっているように読めます。

そして、これは「何者かに愛されていない我々は、アカギ的死を目指すべきである」という福本伸行からのメッセージではないかと思います。

人間誰しも、矢吹丈やラオウのような「羨ましい」「凡庸」でない死に方に憧れるものです。私も『あしたのジョー』を読んだ昔、「矢吹丈のようにまっ白に燃え尽きて死にたい」と思っていました。しかし、それは「何者かに愛され」た者にだけ許された死に方であり、それが自分には叶わないであろうことに葛藤を抱いてもいました。

しかし、『アカギ』や『天』を読んで、「凡庸」な死に方であってもよい、それよりは「自分らしく死ぬ」ということが大事なのだと思い、心が救われたように感じます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中