働くことがイヤな人のためのブログ

4月1日が近づくにつれて働くことが嫌になり、中島義道『働くことがイヤな人のための本』を再び読み始めてしまいました。

2013年12月14日の記事で書いたように)この本はあまり好きでないのですが、いざ就職を間近にした立場で読み始めると、「本当に働きたくないなあ」と共感しながら読んでしまう。

ただ、私が働くのを嫌う理由は、(この本にあるような)人間関係が煩わしいとか、社会が恐いとか、仕事以外に実現したい夢があるとか、そういうことではない。しなくてもよいならしたくない仕事に、なぜ一日八時間(またはそれ以上)もの時間を費やさなくてはならないのか、なぜそんな日々を数十年も繰り返さなくてはならないのか、という疑問です。

あなたは仕事が生きがいですか?君は人のために死ねるかの記事で書いたように、私は他人や社会のために生きることは望みませんし、仕事に人生の意味を見出すこともありません。

つまり、私にとって仕事とは金銭獲得の手段でしかなく、存在しないに越したことはないのですが、そんな仕事のために一日の三分の一以上を使わなくてはならない。しかも、学生時代と違って長期休暇はなく、年中それを繰り返さなくてはならない。私にとっては受け入れがたい現実なのですが、(生活保護の受給でもしない限りは)この現実を受け入れなくてはならない。誠に辛いことです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中