「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」「王の記憶編」視聴

昨日と今日で「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の第199話~219話を視聴しました。「王の記憶編」、いわゆる「古代編」にあたる部分です。

「遊☆戯☆王」の「王の記憶編」の考察記事を書くと昨日書きましたが、そのためには原作だけでなくアニメも見ておく必要があると考え、急遽アニメを見始めました。

アニメ作品を見ること自体が久々であり、1回で30分もの時間を拘束されるアニメを見るのは私にとってなかなかの苦痛なのですが、昔から慣れ親しんだ「遊☆戯☆王」だけに、何とか20話を見通すことができました。

『遊☆戯☆王』原作の「王の記憶編」はかなり駆け足ぎみで、説明不足や伏線改修不足の感が否めないのですが、アニメではそれを補完しようという意図が窺えました。

ただ、原作にあった設定を改変してしまったのは、補完の域を超えていますが……。原作に登場したカードを改変するならともかく、設定まで改変するのはどうかと思いますが、まあ原作に忠実なんてアニメなんてほとんどありませんから、こんなものでしょう。

私は、原作についてもアニメについても、設定に納得できる部分とできない部分があるのですが、これは後の考察記事で詳しく書きます。

追記: 「遊☆戯☆王」論全八回を執筆しました。全記事一覧をご覧になりたい方は、タグ「遊☆戯☆王」か、記事「『遊☆戯☆王』論」をご覧ください。

アニメ版「王の記憶編」については、第四回で書きました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中