面接をどう受けるか

このブログはビジネスブログでも何でもないのですが、昨日仕事について書いたので、今回は就職活動について書いておきます。

今回の話題は企業面接です。面接についてはあらゆるハウツー本やインターネットの記事で書かれているものの、いずれも違うことばかり書かれているので、どれを参考にしてよいか分かりづらいからです。

なお、以下でいう「面接」は、個人面接を想定しています(集団面接では以下の内容を適用しづらいためです。理由は後述)。

面接官との相性

まず初めに指摘しておかなくてはならないのは、面接では、企業と学生の相性以前に、面接官と学生の相性が問われるということです。きちんと指摘している就活記事は少ないのですが、これはとても重要なことです。

私の就活経験でも分かりますし、就活をしたことのある人はご存じでしょうが、面接官によって面接の巧拙は大きく分かれる。面接官のくせに機械的に質問を読み上げるしかできない人、驚くほど面接の運びが上手な人というのはいるものです。学生によって面接の巧拙があるように、面接官にも巧拙があるのです。

誠に残念ながら、学生と企業の相性がとてもよいとしても、学生と面接官の相性が悪いと、それだけで落とされます。一次面接での面接官との相性がよくても、二次面接で相性が悪いと、それで落とされることもある。面接に落とされるのは「企業との相性がよくなかった」のではなく、「面接官との相性がよくなかった」ことが多いのです。

面接官のタイプを見抜く

では、面接官との相性がよくなかったら、面接はもう諦めるしかないのか?

実は、そうでもありません。面接官のタイプを見抜き、それに応じてこちらも話し方を考えることができれば、受かる可能性はあります(誤解のないようにいっておくと、人によって話し方を変えることと、「素の自分を出す」ことは全くの別です)。

では、面接官のタイプとは何なのか? 面接官には、大きく分けて以下の二つのタイプがあります。

面接は会話である
面接は日常会話と同じであるから、相手とのやりとりが大事である。「志望動機は何ですか?」「成長できるからです」「なぜそう思ったのですか?」「○○だからです」「なぜ○○と思ったのですか?」……と、一問一答のやりとりを行うのが正解である。相手の質問に対し、一方的に長広舌に話すのは会話とはいえない。
面接は会話ではない
面接は日常会話ではないのだから、論理性と、相手が何を尋ねているか推察する能力が求められる。「志望動機は何ですか?」と聞かれたとき、「成長できるからです」とだけ答えるのは推察能力がない証拠であり、「私は○○と考えており、××という理由から成長できると考えました」と答えるのが正解である。

この二つですが、完全にどちらかに偏るわけではなく、両方を複合して持っている人が多い。ただ、大抵の人はバランスよくではなく、どちらかに比重を置いているでしょう。

具体的に考えてみましょう。「志望動機は何ですか?」という質問に対し、「成長できるからです」とだけ回答するとします。後者のタイプの場合、「なぜ成長できると思ったんですか?」と学生に聞きつつ、「こいつバカだな」と内心思っていることがある。「『成長できるから』なんて何の回答にもなっていないじゃないか」「俺が何を聞きたいのか察することができないのだな」と。

一方、前者のタイプに「私は○○と考えており、××という理由から……」と長広舌で喋ると、学生の話を興味深そうに聞きながら、「話が長いなあ」「そこまで聞いてないんだけどなあ」と思っている恐れがある。長所を聞かれたとき、自分の学生時代の経験について話す人は多いのですが、面接官によっては「お前の学生時代なんて興味ないから、長所だけ端的に教えてほしいんだよなあ」という人もいます。

このように、面接官のタイプにあわない話し方をしてしまうと、それだけで心証が悪くなりやすい。いくら話が論理的で、話し方がおもしろくても、相性が悪いという理由で落とされます。

では、面接官のタイプをどう見抜くのか? これはなかなか難しい。というのも、面接官のふだんの話し方や人柄など分かるはずがありませんから、前もって準備することなどできない。また、面接官はポーカーフェイスですから、表情から読み取るのも難しい。ただ、面接中の会話を通じて、タイプを見抜くことは可能です。

私の経験談ですが、最初は、面接官を前者のタイプと考えて話すことをお薦めします。いきなり後者のタイプと考えて攻めると、一人で一方的に喋る奴だと思われて、マイナス評価になる恐れがあります。面接官のタイプが分からない最初は、積極的に攻めずに、様子見をしましょう。

そして、自分の回答に対する面接官の応対を通じて、この面接官がどちらのタイプなのかを考えてみることです。積極的に質問してくる人なら、相手が上手く話を進行してくれるでしょうから、前者の一問一答タイプを貫けば大丈夫です。逆に、話をすぐに切り上げてしまったり、あまり質問してこないタイプの人に対しては、話を上手く転がすことは期待できないので、後者のタイプで臨んだほうがよいでしょう。

最後に付け加えておきますが、どれだけ話し方を工夫したところで、話す内容が全く非論理的であったり、嘘に満ちている場合は落とされることはいうまでもありません。

〔2014年9月10日追記〕本記事の冒頭で、集団面接には適用できないという話をしました。その理由をご説明しましょう。

就活の面接、確かに「普通の会話するだけ」だったけど…という記事があります。この記事の中に分かりやすい説明があるので、引用します。

一次面接は集団で行われることも多く、面接官がストップウォッチ片手に「右の人から1人あたり3分ずつ、自己アピールをして下さい」ということも多々あります。

学生は必死に「◯◯大学の××と申します。私の強みは協調性で…」と自己アピールをするのですが、途中で「ピピピピピ……」とタイムアウト。会場には、やや気まずい空気が流れ、「ありがとうございます。では、次の方どうぞ」。自己アピールを意識しすぎるあまり「私の強みは友達が100人いることです!」と胸を張って答える学生に面接官が苦笑い、なんて場面もありました…本当です。

はじめのうちは、こうした集団面接を経験する機会が多いのです*1。なので、学生が「面接=制限時間内に、自分がいかに優れているかをアピールする場」であると思ってしまうのも無理はありません。これを1対1の面接でもやって大コケ…という学生は多いと思われます。

面接官との相性

以下は2014年1月14日の追記です。

この記事は、「本当は学生と面接官のタイプが合致するのに、話し方一つでタイプがあわないと判断され、面接に落とされることがある」「話し方を工夫すれば、面接に受かることもある」という意味で書いたものでした。

しかし、話し方以前の部分であわないこともあるでしょう。仕事に対するスタンスが気に食わないとか、面接官の態度が悪いとか、不潔だとか。そういう場合は、学生側が話し方を変えたどころでどうにもなりません。相性が悪かったのだとその企業を諦めるか、「この面接官さえ乗り越えれば」と耐えるかです。一次面接の面接官とはあわなくても、二次面接の面接官とはあう可能性があるので、それに賭けてみるのもよいでしょう。ただ、そこまでしてその会社で働きたいと思えるかどうかは皆様次第です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中