書くことと学ぶこと

今日もニコニコ大百科に記事を書いていました。

スピノザはオランダの汎神論の哲学者、吉沢検校は江戸時代末期の日本の純邦楽の作曲家ですね。

あと、の記事に「悪の存在について」という項を加筆しました。

哲学も純邦楽も記事が極めて少ないので、もっと書きたいと思います。

あと、書くためには自分が深く理解しなくてはならないので、勉強する機会にもなってよいですね。

事実、哲学の記事を書き始めてから、カントとヘーゲルについてきちんと勉強し始めました。

あとは、フィヒテやシェリング、ライプニッツあたりも勉強したいところです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中